topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久方ぶりのブログアップ - 2015.05.02 Sat

おおよそ1年半ぶりでしょうか。久しぶり過ぎて、アップの方法すら忘れてました(笑)

さて、今回のお題です・・・
最近、ご無沙汰気味のポタリングから、2つの連れチャリをピックアップ。
どちらも転職する同僚の送別ライドです・・・しかも彼らの嫁ぎ先?は、なんと同じ!


■ 2015/4/25(Sat)

今日は納車したての新チャリの初乗り・・・慣れないドロップハンドルに
ブレーキやシフトチェンジもままなりません。

石神井公園に集合、そこから新青梅街道を一路西へ、多摩湖をめざします。
途中、道に迷ったり、小雨にあったりしながら、お昼過ぎにようやく目的地に到着です。

▼多摩湖 13:30
IMG_4770_convert_20150430000653.jpg


新チャリは「Tern Verge X18」
輪行がしたくて、フォールディングバイクにしました。

▼新チャリ
IMG_4771_convert_20150430001202.jpg


さやま食堂で昼食後、前々から気になっていた場所に向かいます。
県道55号を下り、村山温泉かたくりの湯を右手に過ごすと、ほどなく左脇に風変わりなトンネルの入り口。
都市伝説の舞台にもなりそうなこのトンネルこそ気になっていたスポットです。
昔の鉄道用トンネルをそのまま再利用しているそうで、狭山丘陵に横田、赤堀、御岳、赤坂と4つのトンネルが
連続しています。

▼御岳トンネル 15:07
IMG_4778_convert_20150430001501.jpg


何気に雷が鳴ったりして・・・効果音として完璧すぎです。

▼赤坂トンネル 15:17
IMG_4782_convert_20150430001553.jpg

▼赤坂トンネル 15:17
IMG_4783_convert_20150430001616.jpg


赤坂トンネルを抜けると舗装道も途切れ、先にはジブリ風の森が広がってました。
更なる奥には封鎖された別のトンネルもあるそうですが、今日のところは止めておきます。

▼赤坂トンネルの先 15:17
IMG_4780_convert_20150430001526.jpg


こんな感じで新車の初乗りも無事終了。

それにしても
・ロードの前傾はしんどい
・ミニベロは振動の伝わりが半端ない
早く慣れねば!


[Tm] 5:30
[Ds] 97.51km
[Av] 17.7km/h
[Mx] 34.7km/h 
[Od] 117.1km



■ 2014/2/1(Sat)

冬晴れのこの日、連れチャリで境川サイクリング道路を南下して、湘南に向かいました。
R246と交差するあたりから約2時間ほどで江の島に上陸です。
メインの通りを抜け、島の東端を目指すべく駐車場の中を通ったのですが
その際、入り口の車用バーをくぐってしまい・・・後から追いかけてきた管理人のおじさんに
えらく怒られてしまいました。
何でも車以外がすり抜けると誤作動の原因になるそうです。
おじさんに怒られるおじさん・・・かっこ悪っ

▼江の島 11:12
IMG_3920_convert_20150430000453.jpg


湘南でもこの季節の人出は疎ら・・・夏とは違い、ゆっくりと海を愛でることができます。

▼江の島 13:07
IMG_3922_convert_20150430000536.jpg


海岸線沿いの遊歩道、チャリでのんびり走るのは最高です。

▼江の島海岸 13:07
IMG_3923_convert_20150430000559.jpg


ねこ発見!記念に1枚、「パシャ」

▼柳島海岸 13:44
IMG_3927_convert_20150430000621.jpg


そういえば前に来た時もねこがたくさん居て写真撮ったっけ。
おや、待てよ、この子・・・
もしかして
「君、前に会ったことない?」

↓↓↓ 昔のブログへ ↓↓↓


[Tm] 5:14
[Ds] 103.22km
[Av] 19.7km/h
[Mx] 46.2km/h 
[Od] 12405km


*********************************************************************************************

さて、こうして前回と今回、おふたりをポタリングで送別しました。
新しい場でも自分らしさを大切に、頑張ってください!

スポンサーサイト

ふたたびの奥多摩湖 そして風張峠 - 2013.09.22 Sun

■ 2013/9/18(Wed)

ちゃりで奥多摩湖を目指すのは今回が2度目。
前回は2年前の晩秋・・・目的は、つれちゃりと紅葉を愛でること。
(前回のブログはこちら→)

でも今日のテーマはヒルクライム。最終目的地は、奥多摩周遊道路の「風張峠」です。
"かざはり" とか "かざっぱり" とか呼ばれるこの峠、東京都の道路では最も高く、
その標高は、1,146mだそうです。


今日も快晴~。よかった!
多摩CRを上ること2時間弱、羽村堰で最初の休憩です。

▼羽村堰 9:15
IMG_3569_羽村堰

サイクリングロードは羽村まで・・・ここからは奥多摩街道、青梅街道と一般道を走ります。

▼多摩川(軍畑大橋より) 10:15
IMG_3570_軍畑大橋より

青梅の市街を過ぎると街道はほぼ多摩川に沿って緩やかに上ります。
途中、御岳のコンビニで軽食休憩(10:30-10:45)

▼多摩川(境、氷川付近) 11:30
IMG_3579.jpg

正午前、奥多摩湖に到着。
青い空に映えるエメラルドグリーンの湖面・・・
暫くは絶景を楽しみながら湖岸をゆっくりとポタります。

▼奥多摩湖 11:50
IMG_3589.jpg

IMG_3597.jpg

IMG_3601.jpg

右手の深山橋、続いて中央の三頭橋を渡るとヒルクライムの始まりです。

▼深山橋の手前 12:45
IMG_3610.jpg

でも慌てない。
ひとまずは、橋を渡らず湖岸に沿って直進すると・・・
そこは山梨県!
神奈川からの越境はあったけど、東京からはお初です。

▼山梨県境 12:55
IMG_3615.jpg

さて山梨はほんの数メートル入ったところで折り返し、さきほどの2つの橋を渡ります。

三頭橋を起点とする奥多摩周遊道路は区間延長19.7km、ざっくり言うと最初の13kmが登りで
途中、以下の通過ポイントがあります。
①月夜見第一駐車場:9.3km地点、標高933m、ここからの眺望はお奨め
②月夜見第二駐車場:11.1km地点、標高1,089m
③風張駐車場:12.8km地点、標高1,146m、「東京都で一番高い道路」という標識が道路脇にあり

坂を登ってみた印象としては、
「激坂ではないけど決して緩くもない。途中に下りや平坦が無いただただひたすらの登り坂。」
ってとこでしょうか。
ロードレースのコースでもあり、早い人だと30分以内で登りきるそうですが、
私には10km/h未満が関の山。
それでも登り始めに漫然と抱いた「①まで止まらずに行きたい」という思いは何とか達成です。
小一時間ほどもかかっちゃいましたが。。。
①⇒②、②⇒③は距離が短いこともあり惰性で乗り切れます。
②はともかく③では止まることをお奨めします。
(私は③を通過してしまい、「標識」を撮り損ねました(呆))

▼月夜見第一駐車場から臨む奥多摩湖 14:15
IMG_3623.jpg

結構登ったなあって感じです。

IMG_3625.jpg

峠を越えると今度は長~い下り。

そこで起きてしまったプチトラブル。
なんと後輪のスポークが1本弾けて?しまいました。
そのスポークは抜くことすらままならず。
止む無く輪ゴムで他のスポークに括り付け何とか走れるようにしました。
そんなこんなでスピード控えめで周遊道路を下る途中、
かわいい滝を発見です。

▼夢の滝 15:15
IMG_3630.jpg

IMG_3628.jpg

更に続くダウンヒル。
いつの間にか道路名も檜原街道に変わっています。
まだ9月半ばというのに半袖・半ズボンで下る山間はかなりの肌寒さです。
ヒルクライムでのダメージも相まって、ちゃりに乗っていること自体に
嫌気がさしてきた頃、見えてきたのは・・・

『数馬の湯』

迷わず飛び込みました。ひとり温泉デビュ~。
のんびりとお湯につかりながら思いました。
「もう走りたくない」
でもそういうわけにもいきません。
意を決して湯船を後にしました。

▼秋川 17:00
IMG_3637.jpg

あきる野市戸倉のコンビニでは、本日2度目の軽食休憩です。(17:15-17:30)

気が付くと徐々に陽も傾いてきました。間もなく日没です。
武蔵五日市駅を右折、五日市街道をひた走り、多摩川に至った頃には
すっかり暗くなっていました。

夜のサイクリングロード、外灯もなくほぼ真っ暗です。
そんな中、意外にも心強かったのは月明かり・・・
進行方向正面に見えた大きな丸い月は、
ほんのりとしかし確実に地面を照らしてくれました。
そういえば明日は十五夜、中秋の名月です。

長いツーリングを終え、帰宅した時には21:00を過ぎてました。
走行距離"177km"は自己ベストです!

[Tm] 10:42
[Ds] 177.84km
[Av] 16.6km/h
[Mx] 40.1km/h 
[Od] 11,926km



<<< P.S. >>>

「"不惑"どころか"惑々"しっぱなし」と自ら評した40代が終わり、50歳になりました。
論語では、『五十にして天命を知る(知命)』だそうです。
自分の天命を自覚する・・・みたいなことらしいのですが、私の天命は???
そりゃそうか、不惑に至ってない人間に次なる悟りも来るわきゃない!
そもそも15歳で学を志した人と比べること自体が無意味かも。

ついでなので論語をからめた未来予測です。
・ 『六十にして耳順う(耳順)』
 【意味】何を聞いても素直に受け入れることができる
 【自分は?】これならいけそうかも?とハードル低めに感じてしまうことが凡人の証か。

・ 『七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず(従心)』
 【意味】自分がしたいと思う言動をしても、人の道を踏み外すことがなくなった
 【自分は?】もしかすると理想とすべき究極の境地かなと思いつつ、自分が望む姿とは少し違う気が。
 「いい意味で欲求や欲望を涸らすことなく、それらと上手に付き合うじじいでありたい」ってとこです。

 まっ、どっちも生きていればの話ですが・・・

TOJ - 2013.05.26 Sun

■ 2013/5/26(Sun)
Tour of Japan 2013 #6 Tokyo


国内最大規模の自転車レース・・・『ツアー・オブ・ジャパン』
大阪・堺を皮切りにファイナルステージの東京まで8日間・全6ステージに渡るロードレースです。
東京ステージは、大井埠頭に7.0km×14周の周回コースが設定されたクリテリウム形式のレース。
日比谷シティ前を起点に、1.2kmのパレードランの後、全長112.7kmで争われます。

詳細は⇒⇒⇒ Tour of Japan 2013

今日はいよいよツアー最終日、東京ステージの幕開けです。
梅雨入り前に晴れ渡る爽やかな青い空・・・絶好のレース観戦日和!
プロ選手のガチな走りっぷりを生で見るべく、こちらは緩~い走りながらチャリでお出かけ・・・
でしたが実は、不覚にも寝坊して完全に出遅れてしまい・・・
現場に着いた時には、既に残り数周。

それでも間近に見るプロの走りはさすがに迫力満点
集団で織りなす「シャー」というチャリ独特のハーモニー?はたまりません。
そしてチャリ軍団が駆け抜けた後を追走する各チームの車列・・・
これがまた「レースをサポートしてます感」に溢れ、臨場感Upです。

IMG_3324_convert_20130526224235.jpg
野鳥公園前の陸橋付近にて

IMG_3334_convert_20130526224312.jpg

IMG_3338_convert_20130526224543.jpg
「野鳥公園東」交差点にて


[広告] VPS


さてさて、なんだかんだでそれなりに堪能できた本日のレース、
来年はゴール前のスプリント勝負でも観ようか。
その前に、10月26日開催予定のさいたま版「ツール・ド・フランス」か!


[Tm] 3:19
[Ds] 62.93km
[Av] 18.9km/h
[Mx] 38.8km/h 
[Od] 11438km

富士山一周 - 2013.05.05 Sun

ちゃりんこを始めて5年。。。
早々から「いつかは・・・」と思いつつ、「そのうち・・・」と流してきたことのひとつが、”富士山一周”。
少し前まで、時間はいくらでも取り戻せるものと思ってたけど、
そんな風にも感じられなくなってきた今日この頃。
いつでも・・・」なんて高を括っていると結局はやれずじまいで終わることも多く・・・。
そんな折、背中をおしてくれたのはこのフレーズ。。。「いつやるの?いまでしょう!」
というわけで、この春、意を決してのチャレンジです。

'-------------------------------------------------------------------------------
企画段階で描いた旅のイメージは?

①行きも帰りも一周も全部ちゃり
②往復でそれぞれ1日、一周で1日の2泊3日
③暑すぎず、寒すぎずの季節
④富士山が冠雪してること(これ、重要!)
⑤交通量の少ない平日メインの日程
'-------------------------------------------------------------------------------

難しかったのは、天候の予測。
何しろ全行程がちゃりでの移動、是が非でも雨は避けたいところです。
ぎりぎりまで宿はとらず、毎日、天気予報とにらめっこ。
最終決断して宿の予約をしたのは、出発の2日前・・・でもその時点で
出発日の降水確率は60%。もう一か八かだけど、何となく大丈夫な気がして。

かくして、人生初のひとり旅の始まりです。

'-------------------------------------------------------------------------------
■ 2013/4/25(Thu) ― 1日目

○ルート紹介: 津久井湖から富士吉田へ(R20経由)
 (自宅から津久井湖までは省略)

7時起床。
天気は?・・・晴れ、ほっ!

9時過ぎ、いよいよ出発。

1時間半ほど走って、第1通過ポイントの津久井湖に到着。
ほんの一歩目を踏み出しただけなのに、既に今回のツーリングの厳しさを垣間見る思いでした。
その原因は荷物。日頃はウエストポーチ程度で専ら軽装備のチャリストにとって、
着替え等ぎっしり詰めたリュックは未知の世界。肩や背中にひしひしと感じるプレッシャ~。

それはさておき、ここから1時間弱で次なるポイント、相模湖へ。

▼相模湖 11:48
IMG_3120_convert_20130428200104.jpg

相模湖を過ぎると、ほどなく神奈川と山梨の県境です。
越境時、どこからか聞こえてくるチャイムの音。
時計を見るとちょうど12時でした。

ちゃりは、桂川に沿ってR20を一路西へ。
山中湖を源流とする桂川、神奈川に入ると相模川と名前が変わります。

▼桂川(梁川付近) 13:15
IMG_3127_convert_20130428200255.jpg

大月市も市街地の手前まで進むと右手には「猿橋」。
「岩国の錦帯橋」「木曽の棧(かけはし)」と並ぶ「甲斐の猿橋」は、
日本三奇橋のひとつで広重や一九の世界にも登場するそうです。

▼猿橋 13:38
IMG_3129_迪ソ讖祇convert_20130428200342

IMG_3130_convert_20130428200427.jpg

木造では唯一現存する刎橋(はねばし)らしい。。。

IMG_3137_convert_20130428200505.jpg

大月駅の手前でR20とはお別れ、大月バイパスを経由して、富士みちに入ります。
どのあたりを走っているのかもよくわからないまま進む中、左手には、
何とも味わいのある橋が。何ものか不明ながらも取りあえずカメラに収めました。
それがこちら↓  で、その正体は?
 
落合水路橋 14:40
IMG_3140_關ス蜷域ーエ霍ッ讖祇convert_20130428200542

更に進むとまたもや突如現れた美しい渓流景観。
こんなとこにも景勝地があったなんて、桂川もなかなかNice!

田原の滝 15:32
IMG_3142_convert_20130428200615.jpg

わかってたものの、富士みちにはいってからの20数kmは、ひたすら登り。
標高差で400m弱ってとこでしょうか。
背中の荷物もあいまってちょっとしんどかった。

17時半 ホテルにチェックイン。
ちゃりはロビー脇に置かせていただけることに・・・
「ウエストイン富士吉田」さん、お心遣いありがとうございます。
部屋から臨む富士山も最高でした!

さて、日中は雲のせいで裾野だけチラ見せ程度だった富士山、日没間際には、写真の通り。
明日も晴天が期待できそうです!

▼ホテルより 18:46
IMG_3145_convert_20130428200639.jpg

【今日の一言】てんこ盛りのリュックは重い!

[Tm] 5:31
[Ds] 96.09km
[Av] 17.4km/h
[Mx] 123.8km/h ? 
[Od] 11,113km


'-------------------------------------------------------------------------------
■ 2013/4/26(Fri) ― 2日目

○ルート紹介: 富士山一周(富士吉田起点)

実は富士山一周については、当日朝まで反時計回りを予定していました。
気が変わったのは、あまりにも雄大な朝の富士を見た時。
被写体としての富士山を考えた場合、太陽を背に山を臨める(従って午前に山の東南を走る時計回り)方が
いいのでは考えたわけです。
かくして目指すべきは河口湖ではなく山中湖となりました。

山中湖 9:29
IMG_3161_convert_20130428200710.jpg

9:34
IMG_3165_convert_20130428200800.jpg

籠坂峠を越えてちゃりでは初の静岡県。
時計回りを選択したおかげで籠坂峠から御殿場までの長~い坂はひたすら下りとなりました。
ダウンヒルでかっとびながら思いました。「この坂、登りだったら絶対無理!」

▼静岡県へ 9:53
IMG_3171_convert_20130428200836.jpg

9:58
IMG_3174_convert_20130428201000.jpg

IMG_3178_convert_20130428201031.jpg

籠坂峠が楽だった分、大野路からサファリパークにかけての約6kmは激坂と化しました。
起伏に富んだ富士一周コースは正にアメとムチの連続です。
何とか無事にサファリパークを通過すると、次なる目的地の白糸の滝まではご褒美の下り基調。

▼白糸の滝 13:18
IMG_3185_逋ス邉ク縺ョ貊拈convert_20130428201107

『この上に いかなる姫や おはすらん おだまき流す 白糸の滝』(by 頼朝 だそうな)

13:31
IMG_3190_convert_20130428201140.jpg

▼芝川(内野付近) 13:51
IMG_3194_convert_20130428201242.jpg

このあたりからまたまたムチの始まり・・・静岡・山梨の県境までずっとの登りです!

朝霧高原 14:03
IMG_3197_譛晞悸鬮伜次_convert_20130428201317

山沿いだからでしょうか。15時を過ぎたあたりから少し肌寒く感じます。

▼野焼きの後 15:21
IMG_3201_convert_20130428201349.jpg

IMG_3202_convert_20130428201613.jpg

15:23
IMG_3203_convert_20130428201644.jpg

富士五湖エリアに入りました。もうちょっとで一周達成です。

本栖湖 15:50
IMG_3205_譛ャ譬匁ケ棒convert_20130428201714

ここで痛恨の早合点。
精進湖と思い撮った写真でしたが、本物は、更に奥まったところにあったようです。

▼精進湖手前の池 16:03
IMG_3206_邊セ騾イ貉匁焔蜑阪・豎_convert_20130428201834

迷わないように・・・

青木ケ原樹海 16:18
IMG_3207_髱呈惠繧ア蜴滓ィケ豬キ_convert_20130428201904

西湖 16:32
IMG_3210_隘ソ貉棒convert_20130428201933

16:39
IMG_3212_convert_20130428201956.jpg

河口湖 16:58
IMG_3216_豐ウ蜿」貉棒convert_20130428202027

17:07
IMG_3219_convert_20130428202057.jpg

18時頃、ホテルに到着。
何とか富士山一周達成です。
でもぶっちゃけると今日は当初のプランを少々端折っちゃいました。
五湖はそれぞれ周回したいと思ってたし、田貫湖にも行きたかった。
でも到着時刻からすると、判断は正しかったかな。

そうそう、2泊を同じ宿の連泊にしたのも正解でした。
おかげで今日一日、あの背中の荷物から解放されました。

【今日の一言】アメもムチもほどほどがいい・・・

[Tm] 6:52
[Ds] 116.86km
[Av] 17.0km/h
[Mx] 50.0km/h 
[Od] 11,230km


'-------------------------------------------------------------------------------
■ 2013/4/27(Sat) ― 3日目

○ルート紹介: 富士吉田から津久井湖へ(道志経由)
 (津久井湖から自宅までは省略)

最終日の朝は、ガラにもない早起き。
何と目覚まし前の5時台に起床です。
でカーテンを開くと、朝焼けで薄紫に染まる富士・・・これもまた格別です。

5:30
IMG_3226_convert_20130428202122.jpg

7:55
IMG_3235_convert_20130428202148.jpg

7:56
IMG_3238_convert_20130428202220.jpg

9時頃にチェックアウト、まずは忍野を目指します。
そういえば、懸案だった背中の荷物は宅配便にしました。
これで本日も軽走です。

9:52
IMG_3248_convert_20130428202253.jpg

10:05
IMG_3253_convert_20130428202407.jpg

10:10
IMG_3259_convert_20130428202432.jpg

忍野八海は、忍野村にある湧泉群。
富士山の雪解け水が不透水層という溶岩の間で濾過され、湧水となって8か所の泉を作ってます。
名水百選にも指定されているそうです。

▼忍野八海 10:18
IMG_3261_蠢埼㍽蜈ォ豬キ_convert_20130428202459

鶴見川源流の池に似てるかな。

IMG_3262_convert_20130428202529.jpg

IMG_3264_convert_20130428202556.jpg

IMG_3265_convert_20130428202620.jpg

10:39
IMG_3271_convert_20130428202649.jpg

IMG_3276_convert_20130428202714.jpg

次のポイントは、再びの山中湖
ここには湖畔を廻るサイクリングロード(一部未整備区間あり)もあり、
レンタサイクルで気ままに一周・・・なんてのもお奨めです。

今日は、同湖の北岸を走ります。
湖をはさみ、バッチリ富士山が臨めます。

▼山中湖 11:16
IMG_3287_convert_20130428202748.jpg

11:24
IMG_3291_convert_20130428202822.jpg

11:33
IMG_3293_convert_20130428202907.jpg

11:36
IMG_3294_convert_20130428202938.jpg

帰路は道志みち。
最初に待ち受けるは山伏峠です。
15分くらい登ると山伏トンネル、そこがこの旅の最高標高(1,114m)地点。

▼山伏峠を越えたあたり 12:01
IMG_3296_螻ア莨丞ウ莉倩ソ狙convert_20130428203007

山伏峠を越えると後はほぼ下り・・・
楽だけど、オーバースピードになりがちなので注意して進みます。

道志川(道志村) 12:49
IMG_3301_convert_20130428203056.jpg

▼道志川(山梨と神奈川の県境付近) 13:09
IMG_3305_convert_20130428203126.jpg

往路の第1通過ポイント、津久井湖まで戻ってきました。

▼津久井湖 14:28
IMG_3310_豢・荵・コ墓ケ棒convert_20130428203204

16時過ぎ自宅に到着。
3日間、延べ "311.3km" の ちゃり旅は、無事幕引きです。

【今日の一言】でっかい富士山、最高っ!

[Tm] 5:16
[Ds] 98.35km
[Av] 18.6km/h
[Mx] 46.3km/h 
[Od] 11,328km

'-------------------------------------------------------------------------------

数年前の "ヤビツ峠" もそうだったけど、
自分にとってチャレンジ系のサイクリングの場合、
走っている最中は結構本気で後悔したりしてます。
「なんで好き好んでこんなしんどい思いをしてるんだろう?」みたいな・・・。
今回もしかり。特に2日目は終日そんな感じでした。
なので「もう一度やりたいか?」と言われると、正直?です。
でも「やって良かったか?」という問いの答えは、はっきりと「Yes」。
辛さを忘れた頃にまた何かしらトライしたくなる源はこのあたりでしょうか?


そういえば、富士山、世界遺産に登録されそうですね。
めでたし、めでたし!

ここ半年 - 2013.04.29 Mon

昨年9月に走行距離10,000kmを達成して以来、すっかりご無沙汰のブログ更新ですが、
半年間を振り返り、ダイジェスト版でアップします。

■ 2012/9/29(Sat)
この頃、TVで「俺たちの旅」の再放送をやっていて、あまりに懐かしかったので毎日録画して観てましたが
カースケたちの下宿」が今も残っていることをネットで知り、ポタリングがてら行ってきました。
神田川沿いに佇む建物が当時の面影のままであることに、少しホッとする思いでした。

IMG_2454_convert_20130429143627.jpg


■ 2012/10/20(Sat)
JR鶴見駅の北西約1.8kmに位置する三ツ池公園、その名の通り、3つの池がありました。

IMG_2499_convert_20130429144009.jpg

IMG_2501_convert_20130429144135.jpg


■ 2012/10/21(Sun)
ここは前々から気になっていたのに行きそびれていたスポットでした。
横浜港シンボルタワー」は、本牧埠頭D突堤の緑地内にそびえる高さ58.5mの航路標識で、
横浜港を出入りする船舶が安全に航行できるよう情報や信号を送っているそうです。
頑張って階段を昇れば、展望室から港を一望できます。
そうそう無料なのもうれしい!

IMG_2519_convert_20130429144312.jpg

IMG_2521_convert_20130429144400.jpg

IMG_2530_convert_20130429144454.jpg


■ 2013/1/1(Tue)
2013年のチャリ始めは、多摩川浅川コース。
元旦からいい天気でしたね。
写真は、浅川にかかる万願寺歩道橋

IMG_2698_convert_20130429144546.jpg


■ 2013/1/3(Thu)
正月休みに帰省しました。
私、生まれは福岡の博多ですが幼少の頃に滋賀の彦根に引っ越し、高校卒業までを湖国で過ごしました。
今回は、なま「ひこにゃん」も見れて大満足です。

IMG_2765_convert_20130429230426.jpg

この日は不思議な天気でした。こんなにこんなに晴れてたのに・・・

IMG_2717_convert_20130429230149.jpg

晴れてたのに・・・

IMG_2785_convert_20130429230507.jpg

2時間後には、雪!

IMG_2795_convert_20130429230551.jpg

そう言えば、私の母校にいつのまにやら公式キャラが・・・その名も「ぎんにゃん
皆様、お見知りおきを・・・。
『ご当地キャラ情報局』へ


■ 2013/3/20(Wed)
3/23(Sst)に予定される小田急線、東北沢駅・下北沢駅・世田谷代田駅の3駅地下化を機に
工事区間内9つの踏切が廃止になるということで見納めに行ってきました。
どの踏切にもカメラ抱えた人が大勢いて、びっくりです。

こんな写真を撮りながら、こどもの頃、今で言う"撮鉄"だったことを思い出した。
お気に入りは、581系、583系、それにブルートレイン・・・そう、み~んな寝台車です。
あの頃から寝るのが好きだったらしい。

IMG_2942_convert_20130429144621.jpg

IMG_2948_convert_20130429144650.jpg

IMG_2949_convert_20130429144718.jpg


■ 2013/3/22(Fri)
下北沢駅地上ホームの最終日、いつもより少しだけ早起きして最期の様子をカメラに収めました。
毎日、乗換で利用している駅なので、来週からはこのホームじゃないなんて何か不思議です。

IMG_2964_convert_20130429144800.jpg

IMG_2967_convert_20130429144828.jpg

IMG_2968_convert_20130429144907.jpg

同じ日、折しもは満開・・・
せっかくなので撮っときましょう。
も・・・

IMG_2975_convert_20130429144941.jpg

IMG_2990_convert_20130429145014.jpg

そしても・・・

IMG_3003_convert_20130429145108.jpg

IMG_3005_convert_20130429145145.jpg


■ 2013/4/14(Sun)

久々に遠乗りしようと思い立ち「いざ鎌倉へ」
天気は悪くなかったもののとんでもない強風・・・こんな日は本当はチャリNGです。
おまけにこの日、祭があったせいか道路は大渋滞、鎌倉の道は車道も歩道も狭いので
チャリでも隙間をぬうのが難しく、ずっぽり渋滞にはまっちまいました。

IMG_3096(・具セ橸セ鯉セ橸セ假スア)_convert_20130429145216

さてこの建物は?
ピンときた方はきっと冬にやってた月9を見ていたことでしょう・・・

IMG_3111_convert_20130429145237.jpg

IMG_3112_convert_20130429145256.jpg


以上、「あっ」という間の半年間。
だから何?って感じで振り返ってみました・・・


最後におまけ、きららの動画です。

[広告] VPS

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

どらごう

Author:どらごう
【ちゃり】クロスバイクで気ままなポタリング、相方は『Louis Garneau LGS-RSR3 2009』
【ねこ】『きらら』すっかり我が家の一員です

カテゴリ

未分類 (4)
ちゃりんこ (53)
にゃんこ (14)
2011年12月号 (0)
■■■2011年12月号■■■ (4)
■■■2012年1月号■■■ (4)
■■■2012年2月号■■■ (3)
■■■2012年3月号■■■ (0)
■■■2012年4月号■■■ (0)
■■■2012年5月号■■■ (0)
■■■2012年6月号■■■ (0)
■■■2012年7月号■■■ (0)
■■■2012年8月号■■■ (0)
■■■2012年9月号■■■ (0)
■■■2012年10月号■■■ (0)
■■■2012年11月号■■■ (0)
■■■2012年12月号■■■ (0)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。